仁淀川町議会便り 2008/8/12(火) 午後 11:19

H20年8月10日発行 仁淀川町議会便りより抜粋

交通事故に関わる和解(高知白バイ事故)

問 農本議員
 
 4万7千人の署名支援者への説明責任が(片岡さんを)支援する会にある。文書で経過説明を。
 運転手に対する求償権は分離だが委託会社(タクシー会社)への求償権は。
 最高裁判断が出た場合の対応は

答 総務課長

 日を追ったメモ程度なら知らすことができる。
 今回の和解は役場と原告の関係であり、それ以外の債権は発生しない。
 すべて保険で対応する。

答 町長

 最高裁の件はコメントできない

問 N議員

 (民事和解の)新聞を見て運転手が悪くって1億円も払ったと思う人もいる
 民事はこの形で終わったが、刑事はまだだ。誤解を受けないよう、周知を図れ。

 補足(役場に住民から説明を求められた時に誤解を受けないように役場職員に周知を図れと言う意味です)

答 総務課長

 幹部会を通じ、職員にも周知したい

  注( )内はLMの補足です

                         以上

 う〜〜む。 以上は仁淀川町6月定例議会で 高知白バイ事故「和解」の議会承認を得る際の質疑応答。
 
 日を追ったメモ程度なら知らすことができる。
困りましたね・・・その程度なら総務課長に聞かなくて大丈夫なんですが 

 町長答弁は・・・そう言うしかないでしょう。私でもそう言う。

 
 さて、支援する会と町、双方の都合でのびのびになっている説明会。開催は決定しているが 日時が未定と言う状況です。

 窓口は総務課長から別の役職に代わったようです。
 新しく窓口になった方はこのブログを読んでいるだろうか?
 
 「今回の和解は仁淀川町が求めたのでなく、和解を申し出てきたのは梶原先生なんだぞ。なんで説明を求めるのだ?」

 新しい窓口の方は当初こういった疑問をお持ちになっていたようです。
支援する会や私の聞きたいところは、前任の方には下記のように伝わっていると思っていたんですが・・

 07年4月に片岡さんと仁淀川町が民事提訴されたとき、地裁判決すら出ていない5月の時点で「事実関係は原告の主張を認める」とした答弁書を提出したのは何故だ? 

 07年12月議会において事実関係をあらそわない理由を「裁判所の判断を尊重せざるを得ない」とした町長答弁とまるで整合性が取れないでしょう。
 
 町を信用した片岡さんに対する背任行為と言われても仕方ないのではないのか?
 
 「説明会」に出る前に、裁判記録か準備書面でも取り寄せて民事裁判の流れを確認しておいてください。
誰がどういう経緯であのような「答弁書」を出すことを決定したのか
 簡単に言えばそういうことです。

 もちろん これだけではありません。

 


  

 
 

1 IB 2008/8/13(水) 午前 1:23
町長のリコールをしなければ。県警本部の凶権に屈服しているのは確実でしょう。過疎の町ひとつ支配するには1億円くらい”見せれば”十分。仁淀川町の町民は屈服していないという意思表示が絶対必要です。

2 jbh*2*47 2008/8/13(水) 午前 1:43
仁淀川町はこの事件を調査して裁判に臨んだのか疑問。
町の仕事も万事この調子だろうな。

3 littlemonky737 2008/8/13(水) 午前 2:50
IB様
町は支援する会の説明会開催の申し出を受け入れてくれました。きちんとした説明を求めていきます。

4 littlemonky737 2008/8/13(水) 午前 2:52
jbh*2*47様

町は議会答弁で

「事実関係は片岡さんの言う通りだと思う」

と明言していますが、それなのに民事裁判はg承知の通りの終結を迎えてしまいました。

Topに戻る

inserted by FC2 system