馬鹿には勝てぬのう・・・・ 2008/5/4(日) 午前 1:55

この記事 白バイ事故にはおよそ関系してません。

実は私 ウン十年近くの宮崎駿ファンです。

小学校の集会室で見た「太陽の王子ホルス」や「長靴を履いた猫」からです

そして、それから凡そ20年後、アニメ好きの友人宅で『風の谷のナウシカ第一巻』を見た時。小学生の時の感動が蘇りましたね。この本で宮崎駿の名を覚えました。

このナウシカが完結するのに15年くらいかかっているんじゃないかな・・・
全て持っていますが、特に完結編は待たされたなぁ。


その間 映画界で宮崎駿の名は知られていきます。



前置きが長くなりました。

「馬鹿には勝てぬのう・・・・」

「もののけ姫」の中に出てくるセリフです。

「じこ坊」という坊さんの台詞なんですが、そのニュアンスが当時から気に入っていた。(その台詞が出た状況は略します。)

で 今、こんなことをしている自分を振り返って、『損な性分だな』とかいろいろ考えているとき この台詞を思い出した。


「馬鹿」にもいろいろある。 

この高知白バイ事故も「馬鹿」ばかり。
 
もちろん 私もその一人。

『馬鹿』じゃなければ、こんなことしない方がよほど賢い。

いや 賢くないからやってんだな。

 損得計算よりも思いが先にはしる。

 人を傷つけ、自分も痛い目に合う・・・

 しかし、無難なんて言葉は嫌いな方。



 我ながら ここまで「馬鹿」になれるとは思わなかった。

 しかし まだ未完成の馬鹿だろう。

 目指すところは「馬鹿には勝てぬ」といわれる馬鹿か?

Topに戻る

inserted by FC2 system